カウンセリング

お客様の聞こえの悩み、補聴器についての希望などをカウンセリングします。聞こえの低下の経緯や症状によっては、耳鼻咽喉科の受診をお勧めする場合もあります。聴力測定を入れて時間は1-2時間必要になります。補聴器の選択、調整のため「聞こえの測定」と「ことばの聞き取りの測定」を行います。

 

聞こえの測定

補聴器フィッティングの必要な聞こえの状態を測定します。気導聴力、骨導聴力、不快レベル、語音明瞭度などの測定を行います。

 

言葉の聞き取り測定

語音聴力検査語音聴力検査とは「あ」「か」といった言葉がどれだけはっきり聞き取れるかを調べる検査です。この検査は、語音明瞭度語音弁別能とも呼ばれます。最高語音明瞭度が50%以下の場合は、音声だけの会話は、難しく手話、筆談が必要になります。

オーティコンBrainHearing~人は脳で聞く。だから脳から考える

  1. <?php the_title(); ?>
ページ上部へ戻る