補聴器の種類

耳あな型補聴器

耳穴の型を取って作るオーダーメイドです。耳穴にぴったりフィットし、耳から外れにくい上、ハウリング(ピーピー音漏れ)がありません。
耳型を取って作成するため、鼓膜の前にきっちりと音を伝えます。慣れるまで耳の中にこもり感がしたり、自分の声が響くなど気になることもあります。

 


耳かけ型補聴器

耳にかけて使用し、小型化が進み、軽くて外見上も目立ちにくくなっています。従来は汗に弱いタイプが多かったが、最近は、汗に強いタイプも出ています。

 


耳かけ型補聴器(RIC)

RICは、レシーバー・イン・カナルの略です。外耳道内にレシーバーが入る小型の耳かけ型補聴器で、補聴器に見えないデザインと小さな本体が人気です。通常の耳かけ型と異なり、鼓膜の近くにレシーバーを置けることが最大のメリットです。両耳装用しても違和感が少ないので、耳穴式の「自分の声が響く」「耳が塞がった感じがする」といったクレームを解決するために開発されました。

 
箱型補聴器

古くから愛用されてきた補聴器です。手先が不自由な方、入院中、自宅だけで使用する人に使用されています。乾電池を使用するため、電池寿命が長く、価格が安い、操作が簡単というメリットがあります。最近はデジタル化された商品も出ています。

オーティコンBrainHearing~人は脳で聞く。だから脳から考える

  1. <?php the_title(); ?>
ページ上部へ戻る